LYFAIlluminating traditions

ABOUT LYFA

Perfected for contemporary living

LYFA(リーファ)は1903年にデンマークの首都コペンハーゲンで創業されたデンマークで最も古い照明メーカーの一つでした。

「光のパラダイムに忠実である」という、独自のデザイン理念に基づき、サイモン・P・ヘニングセンを始めとした、多くのデザイナーとのコラボレーションにより生み出された革新的なアイデアは、近代照明器具開発の基礎を築きました。

Craftsmen of the good light

1950年以降、洗練されたアイコニックなデザインを送り出す照明メーカーとして国際的な評価を得ていましたが、1990年についにブランドとしての幕を閉じることになりました。

しかし、2020年、LYFAはRASMUS MARKHOLT(ラスムス・マークホルト)の手によって再生され、新生-LYFAとして、歴史的名作を復刻し、デザインの灯をともし続けています。

Bent Karlby / ベント・カールビー
1912—1998

建築家を目指し、デンマーク機能主義の先駆者である Vilhelm Lauritzen の元で学んだ後、1950年代からはLYFAの主要デザイナーとして照明デザインをスタートさせ、ヴィルヘルム・ラウリツェンの意思を継ぎ、多くのアイコニックな作品を残しました。

FEATURED