LIGHTING ART GALLERY

Twenty Seven Ettore Sottsass Purple

標準価格
¥165,000
Sale価格
¥165,000
標準価格
在庫確認
ユニットプライス
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 
品番

イタリアを代表するデザイナー
Ettore Sottsass のテーブルライト

 

1990年4月に(財)山際照明造形美術振興会 (Yamagiwa Art Foundation)が主催した、「ライト・イズ・アーキテクチャ」展で発表されたコレクションの中の一つ。1から29のナンバーがプロダクト名となった作品が発表され、この Twenty Seven [ 27 ]は、ピクトグラムの矢印を立体にしたような、フォルムが特徴的なテーブルライトで、ソットサスが70歳の時、メンフィス時代のポップアートのような造形から、より抽象的な色線的な図形や記号のようなモチーフが多い晩年の作品です。

 

Product:Twenty Seven Ettore Sottsass Table Light
Color: Purple
Material:スチール・ラッカー塗装
Size: W200 D193 H407

原産国:Made in Japan
光源:E17白熱灯 60Wx1

種別:受注生産品(メーカー納期確認後、お知らせいたします。)
送料:無料
納期:通常配送3ヶ月が目安 





【カラーについて】
モニター環境の差により、実際の商品と多少色合いが異なりますのでご了承下さい。



【キャンセルについて】
お取り寄せ商品の為、ご注文確定後のキャンセルは不可とさせていただきます。但しメーカー在庫が欠品で納期が通常配送でお届けできない場合は、メールで4営業日に納期をお知らせさせていただきますので、お待ちいただけるか、キャンセルいただくか、注文日より 7日以内にご返答下さい。ご返答を以って、ご注文確定とさせていただきます。ご返答いただけない場合は、注文確定となり、以後、キャンセルは承ること出来ませんので、予めご了承下さい。

納期の期限があるお客様は、ご注文前に上記「見積もり依頼」ボタンかお問い合わせより、納期の確認を必ずお願いいたします。



【在庫数について】
WEB上では店頭在庫有りと表記していても、システムの都合上、お見積りおよびご注文時に、在庫切れとなっている場合がございますので、予めご了承ください。在庫切れの場合は3営業日以内に担当者よりメールにて、在庫数のご連絡をさせていただき、ご注文の変更をお願いすることとなってしまいますが、ご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



【複数台ご注文の場合】
ホテル、レストラン、商業施設等への納入案件で複数台ご注文をご検討の場合は、「お見積り依頼」ボタンより見積もりをご依頼下さい。納期、送料の御見積を差し上げます。

 


エットレ・ソットサス  (1917-2007)


1917年オーストリアのインスブルックに生まれる。1939年トリノ工科大学卒業。1942-45年までの3年間従軍。終戦後1947年ミラノに建築デザイン事務所を設立し、インテリアデザインや家具などのデザインを行う。またその頃マルコ・ザヌーソ、ヴィコ・マジストレッティらと出会いプロジェクトを行う。

1958年、Olivetti(オリベッティ)社のチーフ・デザインコンサルタントとして招かれる。「ELEA9000(コンピュータ)」、「PRAXIS(タイプライター)」、「TEKNE(タイプライター)」や、「Synthesis 45(オフィス家具)」など多くのインダストリアルデザインを手掛ける。それまでのデザインの主流であった流線型デザインを革新的なデザインへと変更を図った。 またロンドン王立芸術学院(ロイヤルカレッジ・オブ・アート(RCA))の名誉博士号を与えられている。

1972年ニューヨーク近代美術館において「イタリアン・ニュー・ドメスティック・ランドスケープ展」に参加。76年にはベルリン国際デザインセンター企画による回顧展がベニス・ビエンナーレ、ポンピドゥー・センターなどで巡回される。

1976年アレッサンドロ・メンディーニらと共に、前衛的なデザイナー集団「Studio Alchimia(スタジオ・アルキミア)」を、1980年にはマルコ・ザニーニ、マッテオ・トゥンらと「Sottsass Associati(ソットサス・アソチャーティ)」を設立し、世界中のクライアントへ向けプロジェクトを手掛ける。


60年代よりラジカルデザイン運動の先駆者的存在となっていたソットサスは、1981年にはミラノでイタリアンデザインの新しいムーブメントであるMenphis(メンフィス)をミケーレ・デ・ルッキらとともに結成。発表された作品はミラノ国際家具見本市において大いに話題を呼び、80年代を代表する一大デザインムーブメントを築く。

1990年4月、六本木ヤマギワ・インスピレーションをはじめ全国5都市において、29点の新作照明器具を集めた「ライト・イズ・アーキテクチャ」展を開催し、国内外で大きな反響を呼ぶ。


1994年、パリのポンピドゥー・センターにおいて大規模な展覧会が開かれる。20世紀後半を通して常にデザイン界をリードしてきたことが再認識される。

2007年に亡くなるまで、多くの作品を精力的に発表し続けた。