LYFA

Lyfa Ninotchka 425 White

Price
¥148,500
Sale Price
¥148,500
Price
在庫確認商品
Unit Price
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 

リーファ ノチカ 425

「NINOTCHKA」はひと目でそれと分かるカールビーのアイコニックなデザインです。425は直径425mmと非常に巨大で空間にインパクトを与えます。

フォルムは1939年の映画「NINOTCHKA(ニノチカ)」でスウェーデンスターであるグレタ・ガルボが身につけていた印象的なハットはインスピレーションとなっており、カールビーの初期の代表作となっています。 有機的なフォルムとアシンメトリーなドレープを持ち下方向に機能的な直接光をシェード上部からはアンビエントライトを拡散します。

 

 

Product: LYFA NINOTCHKA 425
Design: Bent Karlby
Year: 1953
Color: White
Size: W425 D370  H764(灯具)TH2500(器具全長)
仕様:E26LED電球専用ソケットx1ケ(電球付属無し)

※LED100W型まで対応。白熱電球は使用できません
※引っ掛けシーリング仕様

種別:お取り寄せ品
送料:3300円(税込)  ※沖縄・離島・通常料金でお届けできない一部地域を除く
納期:通常配送1週間が目安 ※メーカー在庫の無い場合は3ヶ月程度納期がかかります。

【在庫数について】
WEB上では店頭在庫有りと表記していても、システムの都合上、お見積りおよびご注文時に、在庫切れとなっている場合がございますので、予めご了承ください。その場合は追って、担当者よりメールにて、在庫数のご連絡をさせていただき、ご注文の変更をお願いすることとなってしまいますが、ご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【複数台ご注文の場合】
商業施設等の案件で複数台ご注文の場合は、お見積り致しますのでお気軽にお問い合わせください。

 

【配送について】
配送はメーカー手配によるメーカー直送混載便軒先渡しとなります。配送先が沖縄や北海道の一部、離島や遠隔地の場合は、 ご注文をキャンセルさせていただく場合がございます。 また、対象外となる時間指定、チャーター便等をご希望の場合は、ご発注頂く前に、必ず見積もり依頼、お見積りをご依頼ください。


<注意事項>
・代引き不可
・クレジットカード決済不可(お支払いはお振込みのみとさせていただきます)
・お取り寄せ商品の為、ご注文確定後のキャンセル不可とさせていただきます。
 (但しメーカー欠品で納期が通常配送でお届けできない場合は、後日メールで納期をお知らせさせていただきますので、お待ちいただけるか、キャンセルいただくか、ご返答いただいてから、ご注文確定とさせていただきます。システムの都合上、購入手続きを完了いただくことが出来ますが、通常配送納期にてお届けできないものに関しては、別途メールにてご案内させていただきますので、予めご了承下さい。

当店で販売しているLYFA商品は、国内正規総代理店が輸入し、日本規格に配線加工したもので正規品となります。

 

 

Bent Karlby / ベント・カールビー
1912—1998


建築家を目指し、デンマーク機能主義の先駆者である Vilhelm Lauritzen (ヴィルヘルム・ラウリツェン) の元で学んでいましたが、第二次世界大戦が始まるとナチへの抵抗運動に身を投じ、難民救済のためのジャーナリズム活動を行った経歴をもつ異色のデザイナーとして知られています。戦後はアメリカを含む世界中を放浪。そこで得た自由な価値観と人間愛をもってマルチな才能をもつアーティスト・デザイナーとして開花します。

1940年代にはすでに美術画家として認められており、その才能から植物をテーマとした壁紙・テキスタイルデザイナーとしての地位を築きました。
その作品は現在もロンドンのビクトリア&アルバート ミュージアムを含む多くの美術館に常設展示されています。

1950年代からはLYFAの主要デザイナーとして照明デザインをスタート。そのコラボレーションは40年にわたり、まさにLYFAを代表するデザイナーとなります。彼のデザインの特徴は有機的なフォルム、柔らかな光、そして独特なスリットの配列にあります。

1970年代には世界的流行となったビビッドな色調とプラスティック素材を多用したスペースエイジーなモダンデザインを牽引しました。

 

 

 

 

LYFA(リーファ)は1903年にデンマークの首都コペンハーゲンで創業されたデンマークで最も古い照明メーカーの一つでした。光のパラダイムに忠実であるというデザイン理念に基づき、才能あるデザイナーとのコラボレーションにより生み出された革新的なアイデアは近代照明器具開発の基礎となり、1950年代にはオリジナル性に富んだ高品質なモダニストランプを送り出すメーカーとしてすでに国際的な評価を得ていました。企業としてさらなる拡大を続けたLYFAでしたが、1970年代より世界的なM&Aの荒波のなかで買収や統合を繰り返し、1990年代についにブランドとしての幕を閉じることになりました。その後、多くの象徴的アイテムは他のメーカーに引き継がれたり、あるいはビンテージとしてコレクターの評価を受け、アーカイブのなかで生き続けました。


2020年、LYFAはデザインディレクター RASMUS MARKHOLT(ラスムス・マークホルト)の手によって突如失われた時を取り戻すかのように再生しました。新生-LYFAは、現代において残るべき歴史的名作を単に復刻させることのみならず、オリジナルデザインを尊重しながらストラクチャー、マテリアル、カラーリング、サイジングという視点で現代的なアップデートを施しました。そしてオリジナルのデザイン言語と誇り高い伝統への情熱をもって、ここからさらに未来に向けて新しいLYFAのデザインを生み出すというテーマを掲げています。