Louis Poulsen

PH Septima

標準価格
¥1,386,000
Sale価格
¥1,386,000
標準価格
在庫確認
ユニットプライス
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 

ルイスポールセン PHセプティマ 受注生産品】

 

 

アーティチョークの発想の原点とも言われた「PH Septima」

「PH セプティマ」は、ポール・ヘニングセンが手掛けた洗練されたペンダント照明の一つと言われています。プロトタイプが初披露されたのは、1928年デンマーク装飾美術館(現在のデザインミュージアム・デンマーク)での展示で、詩的なおもむきを感じる作品に人々から称賛をえました。このガラス製クラウンは、PHの3枚シェードシステムを基本とし、3つの基本的なシェードの間に追加で挿入された4つのシェードがあります。7枚のシェードはすべて非常に繊細でありながら、強力なイタリア製ホウケイ酸ガラスで作製されています。透明なガラス製シェードは、透明なフィールドとフロスト加工されたフィールドが交互に見えるように配置され、フロスト加工されたフィールドが下方の透明なフィールドを覆い、各シェードが光をより拡散した方法で広げられるようにしながら、グレア・フリーで下方向の直接光の拡散も維持します。また、上部にきれいな円形のガラス製カップを配置することで、埃などがランプに落ちるのを防ぎます。

 

1931年、PH 4/4ランプのシェードサイズを基本にした、より小型のPH Septima 4が発売されました。その元となるPH Septima 5は、PH 5/5のシェードサイズを基本にしています。PH Septimaの開発中、ヘニングセンはメタルバージョンも設計しましたが、それは製品化には至りませんでした。それから約30年後、コペンハーゲンのレストラン ”ランエリーニュ・パヴィリオン“のための照明を依頼されると、わずか3か月でPHアーティチョークのデザインを完成させましたが、 セプティマのデザイン原案があったからだといわれています。ルイスポールセンは戦争による材料不足で製造中止を余儀なくされる1940年まで、このPH Septimaの製造販売を行いました。2020年、ルイスポールセンは、PH Septima 5を基本に現代の技術を用いて、より優れた耐久性と安定性を目指し最適化されたポール・ヘニングセンの洗練された7枚シェードガラス製クラウンの製造を復活させ、「PHセプティマ」として復刻発売をします。

グレア・フリー「PH Septima」

クリアガラスにサンドブラストでグラデーションのように施されたフロスト加工の7枚のガラスシェードからグレア・フリーの光が折り重なり放たれるように、見事に計算されたデザイン。グレア・フリーの光を下向きに放ち、同時に心地よく繊細なあかりを周囲に広げる。

 

ルイスポールセンは長年にわたり、単にランプをデザインするだけではなく、屋内そして屋外で人々が心地よいと感じる雰囲気を生みだす光をかたちづくってきました。機能美を備えたルイスポールセンの製品は、どんなスタイルの空間とも調和を保ち、魅力的で優しい光を発します。

 

Product: LOUIS POULSEN PH Septima 
Product No.
Design: Poul Henningsen
Category:  Pendant Light
Material: シェード:クリアガラス(部分的にサンドブラスト加工) 
                   シェードホルダー:スチール真鍮メタライズド
       ソケットカバー、フランジ:真鍮(無塗装)

Color
Weight :  約7.0kg

原産国: デンマーク
サイズ: 約φ500×H405mm コード長:約1500mm
光源: E26 LED電球(白熱電球100W相当)付属
取付方法: 引掛シーリングへの簡易取付型
                (3000mmステンレス・ワイヤー付きコード、フランジ付属)


種別:受注生産品・お取り寄せ品
送料:無料  ※沖縄・離島など、一部地域へはお届けできません。
納期:通常配送4~6ヶ月が目安


※ご注文確定後、メーカー納期が確認出来次第、メールにてご予定をご連絡差し上げます。複数台ご希望のお客様、また、ご希望の納期があるお客様は「見積もり依頼」より、ご注文前に納期・在庫の確認をいただくことをおすすめ致します。



<注意事項>
・代引き不可
・お取り寄せ商品の為、ご注文確定後のキャンセル不可とさせていただきます。
 (但しメーカー欠品で納期が通常納期でお届けできない場合は、見積もり時に納期の目安をお知らせさせていただきます。納期と送料をご確認いただいた上で、ご入金が確認できた時点で、注文確定とさせていただきます。)

・モニターの設定や仕様、パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※当店で扱うLOUIS POULSEN社の製品は全て、国内輸入総代理店にて輸入された正規品となります。

 

 


伝統のクラフツマンシップ


 

ミッドセンチュリーデンマーク・デザイン界の最重要人物 

Poul Henningsen / ポール・ヘニングセン
1894-1967

伝統的な機能主義建築をキャリアのスタートとした後、彼の興味は照明分野に移っていきました。また、活動領域は文筆活動にも広がり、ジャーナリスト、作家としても活躍しています。第二次大戦初期、コペンハーゲンのティヴォリ公園の主任アーキテクトも勤めましたが、ドイツ軍占領時には他の多くの芸術家たちと同様、スウェーデンに亡命し、亡命先のスウェーデンではすぐさまデンマーク人アーティスト・コミュニティーの中心的人物となりました。

ルイスポールセン社とのコラボレーションは1925年に始まり、1967年に亡くなるまで続きました。ルイスポールセン社は今日までも、へニングセンの天才の恩恵を受けています。ポール・へニングセンは、ルイスポールセン社の広報誌 「NYT」 の最初の編集者となりました。この 「NYT」 誌は、当時のルイスポールセン社CEO、ソーフス・カストラップ・オルセンが、デンマークの新聞紙からライターとしての活動の場を追われたへニングセンに、プレゼントとして提供したものです。(彼の政治的、文化的意見は当時、かなり急進的なものでした。)

ポール・へニングセンがパイオニアとして切り開いてきた照明分野の業績 - 影と光、グレア、光による色の再現、そしてそれら光の特性を人間の福利に結びつくように利用すること - は、いまもルイスポールセン社が実践するライティング・セオリーの基礎となっています。

 

伝統を基に革新を続けるブランド「Louis Poulsen」

Louis Poulsen / ルイスポールセン
1874年に創業した北欧デンマークの照明メーカー、ルイスポールセンは「形態は機能に従う」というスカンディナヴィアのモノ作りの伝統に基づいたデザインを継承しています。

ルイスポールセンは80年以上に渡り、確かなビジョンを持った建築家やデザイナー達との協業から、常に革新的なデザインを生み出して来ました。その優れたデザイン・クラフツマンシップ、そして品質は世界の様々なプロジェクトで目にすることが出来ます。