Louis Poulsen

AJ Table Aubergine

Price
¥128,700
Sale Price
¥128,700
Price
在庫確認商品
Unit Price
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 

ルイスポールセン AJテーブル オーバージーン

 


デンマークの巨匠Arne Jacobsenが、1959年コペンハーゲンの SASロイヤルホテル のために設計した AJ ランプシリーズ。

1957年にコペンハーゲンのSASロイヤルホテル(現ラディソンコレクション)のためにデザインされた「AJランプ」シリーズ。ヤコブセンは、ホテル建築を設計するだけでなく、使われる家具やユーティリティアイテムのほとんどをデザインしました。

直線、斜角、直角の組み合わせをでデザインされた、AJランプのフォルムは、ホテルロビーに置かれたソファシリーズ“3300”のフレームの角度とともに、ホテル外壁の角度にも合うよう計算されていたといわれています。

2020年には、SASロイヤルホテル開業60周年を記念してAJテーブルミニが再リリースされ特に窓辺やベッドサイド、あるいはミニテーブルとの組み合わせることで、くつろいだ雰囲気をつくりだす小さめのランプです。2020年にはまた、AJファミリーの全種に当初のステンレス・スティール素材が再び加わりました。AJランプは、ミニマリスティックで特徴的なフォルム、そして完璧な光という、ヤコブセンのデザイン・スピリットを空間に提供します。

カラーバリエーションは11種類からお選びいただけます。

 

 

Product: LOUIS POULSEN AJ Table Aubergine
Product No.
Design: Arne Jacobsen
Category:  Desk Light
Material: シェード:スチール
       ベース:鋳鉄
                   支柱:スチール

Color: Aubergine(ナス色)
Weight :  約2.5kg



原産国: デンマーク
サイズ: 約W275 D215 H560 (コード長:約2000mm)
光源: E26 LED電球 60W相当付属 
スイッチ: 本体プッシュスイッチ

種別:お取り寄せ品
送料:無料  ※沖縄・離島など、一部地域へはお届けできません。
納期:通常配送14日程度が目安 (国内在庫切れの場合は5ヶ月程度かかる場合があります。)

※ご注文確定後、メーカー納期が確認出来次第、メールにてご予定をご連絡差し上げます。複数台ご希望のお客様、また、ご希望の納期があるお客様は「見積もり依頼」より、ご注文前に納期・在庫の確認をいただくことをおすすめ致します。



<注意事項>
・代引き不可
・お取り寄せ商品の為、ご注文確定後のキャンセル不可とさせていただきます。
 (但しメーカー欠品で納期が通常納期でお届けできない場合は、見積もり時に納期の目安をお知らせさせていただきます。納期と送料をご確認いただいた上で、ご入金が確認できた時点で、注文確定とさせていただきます。)

・モニターの設定や仕様、パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。

※当店で扱うLOUIS POULSEN社の製品は全て、国内輸入総代理店にて輸入された正規品となります。

 

 

 


伝統のクラフツマンシップ

一台を生産するのに、合計25人の熟練工の手が施され、ルイスポールセンのクラフツマンシップの伝統が生かされています。

 

 

 

Arne Jacobsen / アルネ・ヤコブセン
1902-1971

1902年にコペンハーゲンで生まれ、1927年にデンマーク王立芸術アカデミーをアーキテクトとして卒業し、2年間コペンハーゲン市のシティー・アーキテクトとして仕事をした後、自身の設計事務所を開設しました。 最も知られた建築として、デンマーク国立銀行(1971)、SASロイヤルホテル(1960)、オックスフォードのセント・キャサリン・カレッジ(1963)などが挙げられます。

アーネ・ヤコブセンはアーキテクトとしての強い決定力を行使し、建物自体のみならず、ディテイルの大部分のデザインに彼の意思を貫きとおしました。長年にわたり、彼は自らの建築プロジェクトのための照明器具、家具、カトラリー、ドア・ハンドル、バスルーム金物、ファブリック、そして壁紙パターンにいたるすべてを手がけました。

デンマーク内外で栄誉ある賞をいくつも受賞し、王立芸術アカデミーで11年間教授を務めたヤコブセンのデンマーク建築界全体に与えた影響ははかり知れず、彼のもとからは次世代のアーキテクトが次々と巣立ち、それぞれが独自の合理的・ミニマリスティックな建築手法を発展させています。

 

Louis Poulsen / ルイスポールセン
1874年に創業した北欧デンマークの照明メーカー、ルイスポールセンは「形態は機能に従う」というスカンディナヴィアのモノ作りの伝統に基づいたデザインを継承しています。

ルイスポールセンは80年以上に渡り、確かなビジョンを持った建築家やデザイナー達との協業から、常に革新的なデザインを生み出して来ました。その優れたデザイン・クラフツマンシップ、そして品質は世界の様々なプロジェクトで目にすることが出来ます。